気まぐれ日記

伝えたいこと、そのままに。
日々の気まぐれ日記を綴ります。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 気まぐれ日記
  4. え、「ビルハラ」?いや、それはちょっと・・・
品川悩み相談,品川人生相談

え、「ビルハラ」?いや、それはちょっと・・・

【東京悩み相談-人生相談室】です。

もしかしたらカウンセラーにあるまじきことをしてしまったかもしれません。

それは、来てくれた人に対して「いや、それは違うんじゃね?」と突っ込みを入れてしまったことです。

先日、26歳の男性が話してくれました。

– – – – –

「新しい職場で働きだして1ヶ月ほど経った頃に、先輩2人と班長が歓迎会をしてくれたんです」

ふんふん。

「その時点で微妙ではあったけど、まぁ行ったんです」

ふんふん?

「そしたら場所が居酒屋で、とりあえずビール?じゃあ4人だから4杯!って先輩が言うんですよ。最悪じゃないですか?いきなりビールですよ?」

・・・

「食べるものは何もないのに、ビールだけが来ていきなり乾杯ですよ。みんな当然のように飲むから仕方なく僕も飲み始めましたけど、開始2分で帰りたくなりましたよ(笑)」

・・・ふ、ふふふふ(苦笑)

「マジビルハラでしょ(笑)仕事辞めたろうかと思いましたよ(笑)」

・・・あ、あはははは(苦笑)

「いやホントみんな自己中で病んでますよね。もう次の日から仕事に行くの嫌になって。」

・・・

違和感どころではありません。

ちょっとなに言ってっかわかんないってレベルでした。

本来どんな人のどんな話でも、出来る限り理解なり共感なり味方するなりなんですが、いくらなんでもダメだと思って普通に諭しました。

ゴメン。ちょっと予想と違う反応になるかもしれないけど、一般常識としても個人的にも思うことを話してもいい?

「はい。お願いします」

あのー、うん。えっと・・・1ヶ月ほど様子見て、ちゃんと続きそうだなってことで評価してもらって歓迎会をわざわざしてもらったんですよね?

「まぁ、はい」

場所が居酒屋なのは、ものすごく一般的で普通だと思うんです。

「あ、そうなんですか?」

うん。飲めない人がいたとしても、品川さん(仮)がお酒を好きじゃないとしても、それでも居酒屋で歓迎会というのは非常識ではないと思うんです。

「あ、別に僕は飲めない訳じゃないです」

えぇ!?普通に飲めるんですか?

「はい。飲めますけど?」

えーと、じゃあ、何が嫌だったんですか?

「え?いやだから大して付き合いもないし友達でもないのに一緒にお酒を飲むって、非常識じゃないですか?」

え?・・・それは、体質的にお酒自体は飲めるけれども、なんでアンタらと一緒に飲まなきゃならねんだよ、って意味ですか?

「はぁ。そうですね」

えっ!マジで?あ、そういう意味?・・・へぇ~。。。

「え、変ですか?」

変というか・・・だって、職場の人が歓迎会をしてくれたんですよね?

「はぁ」

で、歓迎会自体を断らず、ビールを注文された時にも嫌がらず、ビールを飲んで、それなりの時間を過ごして、でも最初から全部が不満だったってことですよね?

「いや、だって断れます?歓迎会って言われて誘われて。僕の歓迎会って言われたら行くしかないでしょう?それに当たり前のようにビールを注文されて。飲むしかないでしょう?」

あぁ・・・じゃあ、本心としては行きたくなかったし、飲みたくなかった?

「だからそうですって」

あぁ、すいません。そっか。それで、無理やりビールを飲まされたのをビルハラ、と。

「そうそう」

ほ、ほほーう・・・これは、なかなか。

「僕がおかしいですか?」

えーっと、今の職場、パワハラ的な感じはありますか?何かを言われる時に強制的だったり命令形だったり。もちろん仕事として当然な内容は仕方ないとして、歓迎会の時とかプライベートの話をしてる休憩中とかに、すごく偉そうに話されてます?

「いえ?」

ほ、ほほーう・・・。じゃあ、先輩たちは自然に品川さん(仮)を可愛がってくれてる感じで歓迎会をしてくれた風です、よね?

「それはまぁ、そうですね」

けれども、嫌だった?先輩たちとは飲みたくなかった?

「はい。だって歓迎会なんか頼んでないし、気を遣うばっかりで時間の無駄でしょう」

ふんふん、なるほどね。やっとわかってきました。仕事以外で慣れ合う気が全くないってことですね?

「はい。友達じゃないんで」

そっか。じゃあ、歓迎会されてもストレスにしかならない、と。

「はい」

わかりました。そこまで徹底してそう思ってるとなれば、それはそれでわかりやすいです。

「そうなんですか?」

品川さん(仮)は仕事関係とプライベートにきれいに線を引いていて、仕事以外は仕事関係の人とは1秒も一緒に過ごしたくないという考え方でした。

TPOをわきまえるというか、空気を読むというか、世間一般の感覚の対応というか、

せっかく可愛がってもらってるなら愛想よく人付き合いするのがいいと思いますよ的なことは伝えましたが、

それはそれとして「そんなことはわかっていて、だからその場では我慢していて、なので嫌な思いをしたことを吐き出しに来ている」と彼は言いました。

す、すごい・・・。

私は個人的に、ウチにこれから来るであろう将来の新人たちへの歓迎会は一切するべきではないんだろうかと考えてしまいました。

新人のご機嫌を取って、ご気分とご都合をお伺いしてからでないとお誘いできないんでしょうか。

恐るべし。

– – – – –

私は歓迎会をする側なので、こっちの考えというか、「普通は喜ぶというか、受け入れてもらってると思うところじゃね?」とか、「先輩のオゴリで飲み食いできるぜーとか思っときゃいんじゃね?」とか言ってみましたが、

彼にとっては迷惑千万で、私的な時間を無駄に潰したくないという考えが100%だそうです。

恐るべし。

ですが、それはそれで時代を反映した考え方として否定するものではないんでしょうし、

イチ個人のイチ意見として実際にそう言うんだから受け止めますが、正直ビビりました。

理解するまで時間がかかったし、理解に苦しみました。

ジェネレーションギャップなのか、あまりにも個性的なのか、わかりませんが、でも確かに何でもハラスメントと言われる現代ではこういう新人も存在するようになっているんですね。

正直ここまで徹底的なのは初めてだったので、ここに書かせてほしいとお願いして書かせていただいております。

彼にとっては【歓迎会や私的な誘いを迷惑と思う人もいることを知ってほしい】というのを伝える意味でもOKということでした。

彼の周囲では当然のような考え方だそうで、今後、全国的に彼のような考え方をする人の割合が増えていくようです。

あぁ、新人類。

老兵はただ去るのみ・・・アラフォーの私は古い人間です・・・

勉強させていただきました。

【東京悩み相談-人生相談室】でした。

関連記事

error: Content is protected !!